最近のパソコンと接続する

通常ポケコンは容量が少ないため、保存できるプログラム・データにも限界があります。
しかし、パソコンと接続しやりとりする事で、パソコンのハードディスクにプログラム・データを保存したり、
インターネットからプログラムを入手し、ポケコンに入れる事ができます。
また、動作がおかしくなり、リセットせざるを得ない状態になる事もあるため、
予めプログラムやデータをバックアップする意味でも有効です。


以前はシリアル(RS-232C)接続による方法が用いられていましたが、
現在のパソコンはシリアル端子がほとんど存在しません。
その場合でも USB 等の代用方法があり、最近のパソコンでもポケコンの接続が可能です。


転送ソフト

Windows ではシャープの純正ソフト PC-Gリンク が存在します。

 

ポケコンとパソコンをつなぐ前に | くりこうのホームページ

 

ただし PC-Gリンクは COM1~COM4 しか指定できません。

そこで、PCGTool がおすすめです。

 

CHARATSOFT.COM - Software - 新ポケコンの部屋

※ リンク先は CG・イラストがあります

 

macOS で転送を行う場合は PCG-LinkMac を使用できます。

 

Yoshiaki's HomePage

 

これらを用いずにターミナルソフトを用いての転送も可能です。

先に受信側で受信待ち状態にした後、送信側で送信を開始します。

マシン語もインテルヘキサのファイル形式で転送可能です。

  • Tera Term Windows のターミナルソフトとして定番です。
  • CoolTerm 特に macOS で利用が多いです。

macOS では標準のターミナルより cu や screen を用いて使用する事も可能です。


$ ls -l /dev/tty.*

(名称を確認する。ここでは tty.USBport と確認)

$ screen /dev/tty.USBport 9600 (G850 シリーズの場合)

 

下のページを参考にして下さい。

 

ポケコンとパソコンのシリアル通信 | くりこうのホームページ

 

通信ができない時

共通事項として、全く反応がない場合、最近のケースで意外と多いのが USB ケーブルの問題です。

通信用の USB ケーブルを使用して下さい。充電用の USB ケーブルは通信できない事があります。

 

すべての文字が文字化けしている場合はポケコン側とパソコン側の設定で異なるところがあるでしょう。

 

USB-シリアルケーブル で接続


 

運営者 ふうせん Fu-sen. が運営している「ショップのふうせん」より

ポケコンとパソコンを接続する「USB-シリアル接続ケーブル」を取り扱っています。

ふうせん Fu-sen. が一品一品こころをこめて製作しています。

 

Windows 7〜10・macOS で使用可能です。
 

USB-シリアルケーブル | ショップのふうせん

 

パソコン接続ケーブル で接続

高松製作所 で パソコン接続ケーブル があります。
2008年から「PC-E200/PC-G8xxシリーズ用パソコン接続ケーブル(USB)」を発売しています。


高松製作所 - ポケコン周辺機器の他、改造代行も行っています。


USB 接続アダプタを自作する

注意

この方法はシャープや運営者などが周辺機器として動作を保証したものではありません。

状況によっては動作しないだけではなく、製作したアダプタやポケコンを破損させる可能性もあります。

行った事による損害・障害を運営者は一切負いません。ご自身の責任で行って下さい。

FT232RL を用いた USB 接続アダプタを自作する事が可能です。

1000〜2000円位で収まります。

高松製作所のアダプタも FT232RL を採用しているため、実績があります。

他のチップでは反転ができず、回路的に考慮する必要があります。

 

改良型USBシリアルコンバータ | くりこうのホームページ

ポケコン用USBシリアルインターフェース製作1 | Kazuchi Software

PC-G850V用USBシリアルコンバータの製作 | Kyoro's Room Blog

PC-G850用 USB通信ケーブルを作ろう!CharatSoft ※ トップページからはCG・イラストがあります

 

これらの情報を元に運営者がハンダ付けする代わりにブレッドボードとジャンパワイヤを使用し、

秋月電子通商 の FT232RL USB シリアル変換モジュール AE-UM232R を用いて転送に成功しました。

  

また、FTDI が出している USB-TTL シリアルコンバータケーブル も使用可能です。

 

FTDI USB・シリアル変換ケーブル(5V) | 秋月電子通商

USB-TTLシリアルコンバータ(5V) | ストロベリー・リナックス

 

Arduino 向けの6ピンモジュール等は RTS がありません。(代わりに DTR)

こちらは PC-G850 シリーズに限りフロー制御を Xon/Xoff にする事で使用できると思われます。

フロー制御なしで他の機種でもいけるかもしれませんが、文字欠けなどが発生する可能性があります。

 

注意

FT232 チップの偽物が存在している事が分かっています。

FTDI はこの対策を行い、偽物を使用した場合に最新のドライバーでは動作させなくする事があります。

安物のモジュールはこの可能性が高いです。接続して正常に動作していない場合はこれを疑って下さい。


実際偽物で動作させた時のブログ記事が下記にあります。


Aliexpressで購入したFT232RL搭載シリアル通信モジュールが動かない | 猫にコ・ン・バ・ン・ワ


 

線をつなぐだけなので比較的簡単に行えますが、

ピンの位置を誤ると破損→故障の原因となる場合もありますので、ピン位置を確認して行って下さい。

安物モジュール-PC-G850 シリーズ の場合は GND-GND・TXD-RD・RXD-SD の3ピンです。

 

FT232RL AE-UM232R CN2 - PC-E200・G シリーズ ↑上・液晶
    - 1 NC
    - 2 Vcc
7 GND 7 GND - 3 GND
11 CTS 10 CTS - ※ 4 RS (BUSY)
    - 5 DR (Dout)
1 TD 1 TXD - 6 RD (Xin)
5 RD 5 RXD - 7 SD (Xout)
    - 8 CD (Din)
3 RTS 3 RTS - ※ 9 CS (ACK)
    - 10 ER (DTR)
    - 11 CI

※ マシン語の転送に失敗する場合は
  ポケコン側の 3 GND 端子から 1kΩ 抵抗を経由して 2 端子を接続して下さい。(プルダウン) 

 

最初使用する前に、FT_PROG を用いて 負論理 から 正論理 に変更する作業が必要です。

FT_PROG は Windows 用アプリとなります。下記ページに手順があります。

 

改良型USBシリアルコンバータ | くりこうのホームページ

 

2014/02/28 手作り USBーシリアル に挑戦。| 運営者より

 

CT-441 で接続

サンハヤトから CT-441 というポケコンUSBアダプタが存在していましたが、
2008 年 8 月を持って販売終了となっています。

CT-441 のチップには PL-2303 が使われているのですが、
最近の OS では PL-2303 は偽物対策で認識しにくくなりつつある事、

更に CT-441 は独自の ID を使用しています。(VID 14A1・PID 0001)

そのため、CT-441 を入手できたとしても使用できない可能性が高く。現在はおすすめできません。

 

ドライバーがフロッピーディスクに入っていましたが、
同じドライバーが入手できます。Windows XP はこのドライバーで認識します。
32bit 版の Windows は使えるかもしれません。

 

macOS 用は Prolific PL-2303 用のドライバーを入手し、インストールします。

 

http://www.prolific.com.tw/US/ShowProduct.aspx?p_id=229&pcid=41

 

純正ドライバーでも、下に記載してあるサードパーティ製でも、
どちらでも構いません。
 

その後、/system/Library/Extensions に入ったドライバー .kext を選び、
そのドライバー内にある Info.plist を開き、記載を追記します。
Prolific 製ドライバーだと ProlificUsbSerial.kext です。
上の key と idProject・idVendor は合わせて、
他の項目はすでにある項目に合わせて下さい、
通常はターミナルから sudo vi Info.plist 等としないといけないでしょう。

 

再起動して、ネットワークの追加など、反応があれば成功です。

 

デバイスは /dev/cu.〜 の方にして下さい。(ドライバーによって名称に違いがあります)

/dev/tty.〜 にすると、固まります。
こうなった場合は一度ケーブルを外して起動し、設定を仮に別にものへ変更してから
ケーブルを挿しなおして設定しなおして下さい。
または一度強制終了して、起動しなおしても良いです。