運営者より

過去の記事は メニュー より選択して下さい。年別にページ分けしています。

2010年 は記事がなかったため、存在していません。

2018年

11月

07日

2018/11/07 Telnet に接続

シリアル(RS-232C)からインターネットに接続する手段がいくつか出てきています。

Raspberry Pi を用いた The PiModem Project を用いて

30~40年前のコンピュータから Telnet BBS(パソコン通信時代の BBS を Telnet 接続可能にしたもの)へ
接続する動画は YouTube でもいくつか存在します。

日本で運営されている草の根 BBS は指で数える程しかなくなっていますが、
一方英語圏では Telnet BBS の減りが止まったようで、最近開局され増加する状況が発生しています。

Telnet BBS Guide - Latest Listings 内の「New BBS this month」が今月追加された BBS)

更に中国でも未だいくつか BBS が残っているようで
GitHub には中国産のターミナルソフトや BBS ソフトもいくつか公開されています。

 

PC-G850 シリーズにも ターミナルVersion 0 で提供されています。

これを使用すれば Telnet へ接続ができます。

 

PiModem 以外に ESP-WROOM-02 の AT コマンドでも接続できる事が判明。

Zimodemバイナリー)だとより近い操作性にできたので、

こちらを入れた ESP-WROOM-02 をポケコンと接続します。

 

ESP-WROOM-02 や Raspberry Pi のシリアルは UART です。(IchigoJam と同じ)

そのため RS-232CーTTL 変換を行う必要があります。

 

こんな感じに GND・TXD・RXD を接続します。

電源供給は ESP-WROOM-02 から USB で供給し、VCC-3V・3.3V で RS-232CーTTL 変換へ接続します。

 

BASIC キーで通信速度などを設定できます。

AT として OK が返ってこれば成功です。

PiModem では使用している OS 側で Wi-Fi を接続しておきます。

ESP-WROOM-02 では Wi-Fi 接続も AT コマンドがあります。
一度接続すると、次回起動時自動的に Wi-Fi 接続を行います。

あとは Telnet サーバへ接続です。ATD で電話番号を入れる代わりに ホスト名:ポート番号 を入れます。

これは機器によって異なります。ZiModem は ATD"ホスト名:ポート番号" です。

 

接続成功! インターネットで英語表示の BBS へ接続しています。

 

ターミナルは日本語表示版もあり、これで日本の草の根 BBS も接続して表示できます。

文字コードは Shift_JIS になっていると思いますが……UTF-8 は文字化けします。

また、ANSI の色コードなどは非対応なので、それは文字で表示されます。

 

以下、簡単に AT コマンドなどを入れておきます。

RS・CS フロー制御は接続されていないため、

通信速度は 2400 以下(2400・1200・300 のいずれか)で設定して下さい。

+++ 入力時は 1 秒位空けてから 3 文字入力し、更に 1 秒ほど待ちます。

 

The PiModem Project(Raspberry Pi+Raspbian)

http://podsix.org/articles/pimodem/

 

デフォルト通信速度は 2400 です。

予め Raspberry Pi の OS 側で Wi-Fi 接続を行って下さい。

 

  • ATDT サーバ名:ポート - サーバへ接続

  • +++ - サーバの送受状態を抜け AT コマンド入力を有効に

  • ATH - サーバから切断

 

ESP-WROOM-02 AT コマンド(初期状態)・ESP32 UART2

デフォルト通信速度は 115200 で、そのままでは PC-G850 シリーズは使用できません。

(PC-G850 シリーズの最高速度は 9600)

パソコンから AT+UART_DEF で 2400 以下に変更しておきます。

 

  • AT+UART_DEF=2400,8,1,0,0 - 通信速度を 2400 に設定
  • AT+CWMODE=3
  • AT+CIPMODE=1

 

  • AT+CWJAP="アクセスポイント","パススルー" - Wi-Fi へ接続

 

  • AT+CIPSTART="TCP","サーバ",ポート - サーバへ接続
  • AT+CIPSEND - 送信有効化
  • +++
  • AT+CIPCLOSE - サーバから切断

 

Zimodem(ESP-WROOM-02・ESP32)

ソース https://github.com/bozimmerman/Zimodem

.bin バイナリー http://subethasoftware.com/files/zimodem/

 

.bin ファイルのみをアドレス 0x00000 へ書き込みます。
デフォルトの通信速度は 1200 です。

 

  • ATW - Wi-Fi を一覧表示
  • ATW"アクセスポイント,パススルー" - Wi-Fi へ接続

 

  • ATD"サーバ名:ポート" - サーバへ接続
  • +++
  • ATH - サーバから切断

 

追記 2018/11/12

Telnet 接続の草の根 BBS「ふうせんのへや」を運営しています。

シフト JIS にしているので、漢字表示版で表示できるでしょう。

横幅 80 文字で表示するので、すぐに画面がスクロールしてしまうので、

KTBBS などに慣れている人でないと上手く操作できないかもしれません。

 

ふうせんのへや

 

英語の BBS は現在も多く運営されています。

多くの BBS は ANSI(ESC)を用いて色表示などを実現していますが、

そのうち一部は接続直後に選択可能です。ASCII・ANSI で ASCII を選択します。

文字コードは CP437 という IBM PC 時代のキャラクターコードを現在も採用するため、

一部は文字化けしますが、メニューなどは読めるでしょう。

 

Telnet BBS Guide

 

数が多くて……という場合、実は運営者、英語の BBS も運営しています。
Ballon(バロン)はフランス語で風船の事ですよ。

 

Ballon BBS

0 コメント

2018年

11月

04日

2018/11/04 IchigoJam と接続して操作

現在日本で BASIC プログラミング言語といえば、IchigoJam が活気づいています。

 

こどもパソコン IchigoJam - 公式サイト

イチゴジャム レシピ - 運営者による IchigoJam 情報サイト

 

IchigoJam は通常ビデオ出力なのですが、

IchigoJam BASIC ではシリアルにも同時に送出させていて、

シリアルからもコマンドなどを受け付けて動作します。

 

そこで、Version 0 で公開されている G850ターミナル を用いて

IchigoJam BASIC を動作できないか?と試してみました。

 

 

PC-G シリーズは RS-232C ですが、IchigoJam は TTL と信号が異なります。

そのため、TTL-シリアル変換を経由します。

通信速度 9600bps は IchigoJam BASIC 側でも設定できます。

ターミナル側で改行コードの指定ができないので、
エコーバックや改行コードも IchigoJam BASIC 側に任せています。

 

動作成功! PC-G850V で IchigoJam BASIC が動いています!!

 

IchigoJam の開発者はポケコンにも触れていらっしゃる人で、
ポケコンの BASIC 仕様も IchigoJam BASIC へ生かされています。

 

モバイルの原点、ポケコンでプラレールモーター制御実験 | 福野泰介の一日一創 - create every day

 

IchigoJam 側の詳細は イチゴジャム レシピ で記載しています。

 

周辺機器/パソコンと接続/RS-232C 接続 - イチゴジャム レシピ

0 コメント

2018年

10月

28日

2018/10/28 USB-シリアルを改善する

USB-シリアル でマシン語転送がエラーになって困っていたのですが、

1kΩ 抵抗を GND-RXD・GND-CTS 間に入れると動作するようになる という情報を

試してみました。

 

USB-シリアルケーブル を提供していますが、
自分は 秋月電子通商 で入手した FT232RL USBシリアル変換モジュール を

ポケコン専用にしています。

ブレッドボードに挿してあるので、抵抗を 2 ヶ所に差し込めば良いですね。

 

 

早速 PC-G850V に接続して試してみたところ、無事にマシン語の転送が行えました!

 

実行画面は Version 0 公開の G-KART です。

 

使用している USB-シリアル のジャンパワイヤは色の濃さで順番が分かるようにしています。

何本もケーブルを作ったので、挿す端子は分かっているのですが、

11 ピンソケットにしておいても良いかもしれませんね。

 

USB-シリアルケーブル だと抵抗をどのように挟んであげると良いのかが分からず保留中です。

ケーブルの状態なのに、わざわざブレッドボードや基板を追加するのは嬉しくない感じでして………

 

0 コメント

2018年

10月

27日

2018/10/27 g800 がついにここまで……

USB-シリアルケーブル は未だ安定した売れ行きを続けていて
未だポケコン実機を得ている人がいらっしゃる事を実感しています。

 

お問い合わせもちょこちょこいただきます。本日エミュレータ g800 のお問い合わせをいただきました。

パソコンを新調していたのですが、このパソコンに g800 を入れていなかったので、

ちょうど良いと g800 をインストールしようと Version 0 を参照したところ、

テスト版で互換 BASIC インタープリタの実装を目指しているとの事。進化しているじゃないですか!

早速 プログラム 掲載の BASIC プログラムで互換 BASIC インタープリタの動作確認を行なってみました。

全プログラム、互換 BASIC インタープリタで完全動作できています。一安心。

ポケコン本体がなくてもエミュレータで使えるのは大きい感じがしています。

 

なお、上のキャプチャをよく見ると、POKE COM の大きな文字と下の文字で
フォントの形状が違っているのが分かります。

g800 内蔵のフォントはポケコン実機と一部異なっています。
フォント著作権の考慮上あえてこうしているのでしょうね。

0 コメント

2018年

5月

09日

2018/05/09 PCGTool と USB-シリアルの転送問題。

Windows 向けの転送ツール PCGTool を見つけました。

CharatSoft.com - Software - ポケコンの部屋 (新ポケコンの部屋)

※ リンク先は CG・イラストがあります。ページ構成の都合よりトップページにしてあります。

 

PC-Gツールだと COM4 までしか指定できませんが、その制限がなく、

拡張子問わずに送受信をすばやく行えます。

 

ここには「PC-G850用USB通信ケーブルを作ろう!」というページがあって、

マシン語転送時の問題と解決方法として GND-RXD 間・GND-CTS 間に

1kΩ 抵抗を入れる(プルダウンする)と安定通信できるとの事でした。

 

USB-シリアルケーブルも同じ問題が報告されていました。

その際デイレィを入れて通信すると正常に転送できるとの報告を受けていたのですが、

もしかしたら、この抵抗を挟む方法で改善できるかもしれません。

0 コメント