2013/12/13

今日も引き続きエミュレータ g800 の話です。

 

作者の まるひろ さんより許可を得て、

Intel Mac でビルドした Mac OS X アプリ版と Ubuntu 等で動く Linux 版を公開しました。

 

エミュレータで動かす - POKE COM

Intel バイナリーなので、Mavericks(10.9)でも動作します。
64 ビット以外に 32 ビット版も用意しましたので、Snow Leopard(10.6)も使えます。
(メイン環境が未だに Snow Leopard だったりしますので……)

Linux 版もバイナリーがあると使う人がいるだろうと思い、配布する事にしました。
最近は gcc 等が標準で入っていないディストリビューションも少なくないので……
なんと Ubuntu もその一つです。

 

いくつかディストリビューションを扱っていまして、
今回は 32 ビット版を Lubuntu、64 ビット版を Linux Mint で行いました。

少なくても Ubuntu と派生ディストリビューションでは問題なく動作するでしょう。

なんと Ubuntu ベース版の Puppy Linux でも動作を確認できています。

幸いな事に SDL ライブラリも .pet パッケージで存在していました。

 

まさかポケコンからパソコン OS のアプリ配布を行う事になるとは……

Windows XP のサポート終了で Mac・Linux へ移った人は生じているかと思いますので、
Mac・Linux からでもポケコンを活用できる環境を整えていただければ幸いです。

コメント: 6 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    Yoshiaki (金曜日, 13 12月 2013 23:02)

    ふうせん Fu-sen. さん、はじめまして!
    ブログにコメントを頂いた Yoshiaki です。
    SHARP PC-G850/G815/E200 エミュレータ g800
    Mac OS X アプリ版・64 ビット
    g800osx64.0.9.9.zip
    をダウンロードして実行したのですが
    次のようなエラー表示が出ます
    エラー画像
    http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/img/g800mac_error.png
    ‘詳細情報を表示’をクリックしたところ
    Dyld Error Message:
    Library not loaded: /usr/local/lib/libSDL-1.2.0.dylib
    と表示されます。
    実行ファイルは SDL.framework を含んでいるので、SDL ライブラリをインストールする必要はないはずです。
    動作環境は
    MacBook Pro (Retina, 15-inch, Late 2013)
    Mac OS X 10.9 ビルド 13A3017
    です。

  • #2

    poke-com (土曜日, 14 12月 2013 11:14)

    Yoshiaki 動作確認とご連絡ありがとうございます。

    確認の後、SDL を入れていない Mac で試したところ、
    確かに同じ状態となりました。

    解決手段を探索したのですが、すぐに解決するのは難しいようなので、
    (他の SDL を使っているエミュレータ等でも
     SDL ライブラリインストールが必要な状態になっています)
    Linux 同様 SDL ライブラリを含めない形に変えました。
    代わって SDL のインストール手順を記載する事にします。
    Xcode は必要ですが、ソースからではなく、homebrew を使う事が可能です。

    SDL 何とかしたいですね……

  • #3

    まるひろ (日曜日, 15 12月 2013 15:54)

    こんにちは.
    SDL1.2のライセンスはLGPLでライブラリは動的リンクにしないとライセンス違反になってしまうのですが, SDL2.0はzlibライセンスで静的リンクできるようです.
    いい機会なので使用するSDLを2.0にしたいと思います. (が, いつになるかはわかりません...)

  • #4

    poke-com (日曜日, 15 12月 2013 15:57)

    まるひろさん、ありがとうございます。
    OS X アプリ版は上のコメントにある通り、
    リンクが上手くいかずに結局外して公開しています。
    SDL 2.0 でこの辺が改善できるかどうか……
    とにかく資料がないんですよね。

  • #5

    まるひろ (土曜日, 21 12月 2013 20:00)

    SDL2.0に対応しました(バージョン0.10.0).
    しかし, 肝心の静的リンクはそのままではできず, /usr/local/bin/sdl2-configを
    http://www16.ocn.ne.jp/~ver0/document/sdl12.html
    の一番下のようにしなければなりませんでした.
    また, SDL2.0はMacOSXでは10.5以上でなければならず, 私のPowerPCのMac miniでは動かせませんでした. (まあ古いですからね...)
    気が向いたらよろしくお願いします.

  • #6

    poke-com (土曜日, 21 12月 2013 20:08)

    おっ、はやい! ご対応ありがとうございます!!

    0.10.0 ビルドが成功したら SDL 同梱版にしてみますね。
    SDL を使っているエミュレータは多く、同じ問題をかかえているので、
    これが解決できると、他のエミュレータにも良い影響がありそうです。
    Xcode を入れてる人ばかりとは限りませんので……
    うまくいきますように……